まぶたがたるんできて、目が小さく見えてしまう……年齢を重ねるごとに、まぶたのたるみや腫れぼったさで悩みを抱えている人は多いです。中には、腫れぼったい目をスッキリさせて二重にしたいという方もいるでしょう。

そこで、この記事ではBNLS注射のまぶたへの効果、目元がどのように変わるのかについてまとめました。

BNLS注射を目元に打つ場合について

BNLS注射は美容注射の一種で、美容外科クリニックなどで自費診療で治療を受けることができます。植物由来の成分で作られていて、副作用が少なく安全性が高いことで人気です。

BNLS注射には脂肪を溶解する働きがあり、メスを使わずに脂肪を減らせて、価格も数千円から行えるところも多いのも魅力となっています。

BNLS注射を目元やまぶたに打つと、どのような効果が得られるか気になっている方も多いでしょう。まぶたに脂肪がついて腫れぼったくなっている場合、その脂肪を溶かしてスッキリさせることができるようです。

脂肪のせいで目が小さく見えてしまう場合は、目を大きく見せられるような効果も期待できます。しかし、まぶたの部分に打てる量は少なく、効果が出にくい部分ともされています。

ですから、まぶたのたるみ、一重を二重まぶたにしたいといった要望には、あまり向いていないかもしれません。BNLS注射の効果は、人差があるため、人によっては効果が出る場合もあるので、医師に相談してみてください。

BNLS注射以外のまぶたをスッキリさせる治療法

bnls注射のまぶたに対する効果はどちらかというと低めのため、くっきり二重やたるみを取りたいという人には他の美容施術がクリニックでもすすめられるかもしれません。

例えば、「マイクロリポサクション」と言って、上まぶたを2ミリほど切開して、脂肪を摘出する方法があります。

他にも、「二重埋没法」という方法もよく用いられます。これは、糸でまぶたを結ぶ方法で、これも小手術となります。

こうした方法は、bnls注射に比べてダウンタイムがありますし、体へのリスクなどもあります。自分の目元の状態を医師にしっかりと診てもらって、それぞれの治療方法の説明をよく聞いて、適切な方法を選択するようにしてください。

まとめ

bnls注射が目元に効果があるのかについて取り上げました。
効果には個人差がありますが、どちらかと言えば、目元に対する効果は低めという声が多くみられます。
目元をスッキリさせたい人は、美容外科クリニックの医師とよく相談して適切な施術を受けることをおすすめします。