テレビや雑誌などで女優やモデルの顔を見ているとあのシャープな顔のラインがうらやましい……そうした気持ちを持っている女性は多いことでしょう。

頬骨が出っ張っていたり、エラが張っていたりして、自分には無理と諦めていませんか?小顔注射として話題のbnls注射は、そうした輪郭の悩みを解決し、頬への効果を発揮してくれるのかを調べてみました。

bnls注射は輪郭を変えられる?

bnls注射は、脂肪を溶解する作用があります。そのため、骨に対して働くことはありません。
ですから、フェイスラインの悩みが骨、骨格が関係している場合は、bnls注射をしても効果は期待できないので、他の注射か手術となるでしょう。

しかし、フェイスラインの悩みの原因が脂肪が付いているために、頬骨が張っていたり、エラが張っていたりするように見えるならどうでしょうか?その場合は、個人差はありますが、脂肪を溶かしてくれるので、フェイスラインを引き締めることができるでしょう。

ボトックス注射が合っている場合もある

エラの張りがある場合などは、ボトックス注射のほうが適している場合もあるようです。ボトックス注射というのは、ボツリヌス菌という毒素から作られた注射です。筋肉の収縮を抑える働きがあります。

エラの張りが筋肉の発達により生じている場合は、医師からその方法をすすめられるかもしれません。自分の顔の状態をしっかり診てもらってから決めるようにしましょう。

bnls注射をしたら周りに気付かれる?

顔の輪郭を変えるための注射です。そうなると、「顎を削った」とか「整形した」とか周りに気付かれてしまうでしょうか?

その心配はほとんどありません。bnls注射は、数回の注射を続けて、効果を発揮します。

そのため、1回で周りの人が気付くほどの大きな変化を与えるものではありません。また、ダウンタイムも少ないため、注射した翌日から仕事に行ける人がほとんどで、生活に支障をきたす心配も少ないです。

注射の効果はずっと続く?

bnls注射の効果は永久的なものではありません。脂肪が付くような生活を送れば、また顔にも脂肪が付いて輪郭も変化します。

ですから、脂肪が付かないように努力していけば、効果も長続きします。

まとめ

bnls注射が頬や輪郭の悩みを解決してくれるかどうかについて取り上げました。脂肪が原因の場合は、脂肪を溶かしてくれる可能性があります。

骨が関係している場合は難しいでしょう。興味を持たれた人は、一度美容外科クリニックで相談してみると良いかもしれません。