BNLS注射を受けたいけれど、今は妊娠中という方もいるでしょう。また、出産後や生理中の場合は施術可能なのか気になっている方もいるかもしれません。

そこで今回は妊娠中でもBNLS注射を受けられるのか、また出産後からは可能なのかについてまとめました。女性の皆さん、ご自身や赤ちゃんの健康に影響することなので、ぜひ参考にしてください。

BNLS注射は妊娠中も可能?

脂肪を溶かしてくれるBNLS注射は気になる部位に注射をするだけなので、興味を持つ方も多いです。妊娠中に体重が増えて顔もふっくらするために、BNLS注射を行いたいと思う人もいるでしょう。

BNLS注射は植物由来の成分を使っているため、安全性が高く、副作用に関してもほとんど報告がないとされています。

ですが、妊娠中に赤ちゃんに対して、全く影響がないかというとそうは言い切れません。報告が少ないのが根拠がない原因となります。

母体から赤ちゃんの口に入るものは、赤ちゃんに何かしら影響を与えることが多いです。ですから、万が一のことを考えて、安全性が高いとは言え避けましょう。

BNLS注射は授乳中にすることは可能?

出産後、授乳中にBNLS注射を打つことは可能なのかについてですが、やはり妊娠中と同じ理由で避けた方が良いです。

母乳を通して、赤ちゃんにBNLS注射の成分が伝わることのがゼロとは言い切れません。そうした時に、安全性が高いとは言っても、悪い影響が全くないとは言えないからです。

妊娠中、授乳中は赤ちゃんの健康を一番に考えて、きちんと断乳してから、授乳時期を終えてからにするのが赤ちゃんの為ににも良いです。どうしても行いたいという人は、医師に相談してみてください。

BNLS注射を生理中に打つことは可能?

生理とBNLS注射を打つ予定が重なってしまった場合は、どうしたら良いでしょうか?美容クリニックの公式サイトなどを確認すると、生理中に行っても特に問題はないとされています。

ただし、生理痛などで体調が悪い時には、予定を変更しても良いかもしれません。また、肌が敏感になっていて、体への刺激を加えたくないという人もいるでしょう。

その場合は、生理中は避けても良いでしょう。医師にその点もカウンセリングの際に確認して、指示に従うことをおすすめします。

まとめ

bnls注射を妊娠中や授乳中、生理中に受けられるかについて取り上げました。生理中は特に問題はないかもしれませんが、妊娠中と授乳中は一人の体ではありません。赤ちゃんへの影響がもしかしたら生じる可能性があります。

ですから、その時期は、赤ちゃんの健康を一番に考えて、bnls注射は避けることをおすすめします。妊娠中や授乳中は避けて赤ちゃんを一番に考えましょう。

顔やせをしたい場合などは、赤ちゃんへの影響を与えない方法を取りましょう。