脂肪を溶解する注射やメスを入れる施術などは、ダウンタイムがあります。ダウンタイムとは美容用語の一つで、治療後から日常生活が遅れるまでの期間のことを指します。

BNLS注射にダウンタイムがあるのか気になっている方も多いでしょう。そこで今回はダウンタイムがどれほどの期間続くのか、どんな症状があるのかについてまとめました。

仕事を休まなければならないのか、日常生活に支障がないかの参考になるので、ぜひ参考にしてください。

BNLS注射のダウンタイムについて

BNLS注射にダウンタイムがあるかないかというと、多少はあるといえます。ただし、症状が出ない人もいます。そして、他の脂肪溶解注射などに比べるとダウンタイムは短いので、それも人気の理由の一つです。

具体的にどのような症状があるのかを以下にまとめました。

・内出血
・腫れ
・かゆみ
・痛み
・むくみ

BNLS注射の治療後は、このような症状が起きる場合があります。注射針を刺すわけなので、内出血を起こすこともあり、筋肉痛のような痛みが生じることもあるようです。

ダウンタイムはどのぐらいの期間?

BNLS注射のダウンタイムは、翌日にはおさまっているという人が多いです。実際に体験した人の声を調べてみると、仕事帰りに注射して、翌日は少しむくみがあるかなという程度で他の人にはっきりと分かるほどのものではないようです。

従来の脂肪を溶解する注射は、2~3週間ほどダウンタイムがある場合もあります。ですから、ダウンタイムが短いのもこのbnls注射の特徴であり、メリットです。

ただし、これには個人差があるため、心配な人は金曜日の仕事帰りなどに注射をして、土日休みに様子を見るのがおすすめです。当日は注射をした後は自宅でゆっくりするように予定などは入れないようにした方が良いでしょう。

効果はいつから現れるの?周りに気付かれる?

BNLS注射にダウンタイムがあるとしたら、効果は注射後どのぐらいから出るのかというと、個人差はありますが、3日後ぐらいから効果を実感できるようです。ただし、1回で大幅に変化が生じるわけではありません。

効果に関しては、注射したと気付かれない程度の変化です。数回、回数を重ねることで顔や体が徐々に引き締まっていく注射になっています。

ですから、仕事場や周りの人の反応を心配し過ぎる必要もないでしょう。「痩せたのかな」と思われるぐらいの変化なので、安心でしょう。

まとめ

ダウンタイムがあるのかどうかについてご紹介しましたが、参考になりましたか?bnls注射は、仕事や日常生活に支障を少なく注射を受けられるのが魅力となっています。

ぜひそうした面も考えて、小顔や痩身のためにどんな施術を受けるかを決めてくださいね。