美容外科クリニックではBNLS注射以外にも、様々な美容注射を取り扱っています。どの美容注射が自分に合っているか分からない方も多いでしょう。

そこで今回はBNLS注射とそれら他の美容注射とどのような違いがあるのかについて解説していきます。ここでは5種類の注射を取り上げますので、自分に合った美容注射選びの参考にしてください。

脂肪融解注射とは?

脂肪融解注射は名前の通り、脂肪を融解する注射となります。BNLS注射も脂肪融解注射に含まれます。

脂肪融解注射は植物由来の成分を配合していて、脂肪を溶解する働きをします。副作用が少なく、効果が3日後ぐらいに出て、ダウンタイムも少ないというメリットがあります。

血流やリンパの流れを良くし、むくみを解消したりする効果も期待でき、顔や体に使用できます。脂肪融解注射には、ほかにもリポビーンという韓国製の注射もあります。

リボビーンは効果が出るまでに1か月ほどかかり、注射後に強く腫れることがあります。ですが、効果性は高く、大きなサイズダウンを期待できる注射でもあります。

ボトックス注射とは?

ボトックス注射はボツリヌス菌という毒素を使って作られたもので、筋肉の収縮を抑制する働きがあります。そのため、効果としては、筋肉が張っていた部分を緩め、小顔にしたり、しわを解消したり、ふくらはぎを痩せさせたり、多汗症を解消させたりすることができるとされています。

輪郭注射とは?

ヨーロッパ、スペイン製の輪郭注射というものがあります。フェイスライン、特に顎のたるみなどに使われることが多いでしょう。

2種類のアンプルを混合させて打つ注射になります。bnls注射と似た効果が見られ、ダウンタイムも少ないというメリットがあります。

メソセラピーとは?

メソセラピーは、もともとは注射の打ち方の技術を指していますが、最近ではクリニックによって意味合いに違いが生じているようです。脂肪を溶解させるbnls注射がこのメソセラピーに含まれる場合も多いようです。

ミケランジェロとは?

ミケランジェロとは脂肪を溶解させる注射の一種です。これは、脂肪細胞自体に働きかけて減少させる効果があります。

分解させた脂肪は体外に排出されます。2日から1週間ほどのダウンタイムがあるとされていますが、安全性は高めの注射と言われています。

まとめ

よく聞かれる5種類の美容注射について取り上げました。それぞれの違いを理解する助けになったでしょうか?

それぞれにメリットとデメリットがありますので、受けたい場合は医師からよく説明を受けて自分の悩みを解消するためにピッタリ合ったものを選ぶようにしてくださいね。