BNLS注射に興味はあるけど敏感肌だけど治療はできるのか……肌が弱いので治療後に赤く腫れないか心配……

顔の脂肪を溶かし小顔効果が得られるとして人気のBNLS注射を受けてみたいけれど、肌が弱くて、顔に注射をするなんてのが不安に感じている方は多いでしょう。

そこでこのページでは、BNLS注射をすることで肌荒れを起こす危険性はないか、肌が弱い人でも治療を受けることができるのかについてまとめました。

アレルギー体質の人は注意が必要

アトピーや乾燥肌、敏感肌で化粧品選びでも普段、だいぶ苦労しているのに、顔に美容注射を打っても大丈夫だろうかと心配になる方は多いです。

BNLS注射で使用される薬剤は植物成分でできたものですから、体や肌にやさしいもので、安全性が高いという点でも人気を集めています。

ただし、配合されている植物成分にアレルギー反応を示す場合もあります。ですから、特定の植物にアレルギーがある方は、治療を行うことは難しいです。

BNLS注射にはくるみエキスが含まれているので、くるみアレルギーがある人は行えません。また、bnls注射といって行っているクリニックの中には、植物成分のbnls注射にステロイドなどを配合している所もあります。

その場合は、副作用などが強く出る可能性がありますので、肌の弱い人は信頼できるクリニック選びをするところから始めて下さい

医師によく自分の肌質やアレルギーの有無、心配などを伝えて行えるかどうかを相談するようにしてください。

BNLS注射の治療が受けられない人

肌質やアレルギー以外にも、BNLS注射の治療を受けられない人がいます。以下の項目に当てはまる人は行えません。

・妊娠中の人
・産後3か月以内の人
・がんの治療中、治療後3か月以内の人
・ヘルペスを患っている人
・甲状腺疾患を患っている人
・重度の肝疾患を患っている人

さらに医師に相談が必要な人もいます。以下の項目に当てはまる人は、医師とよく話し合って決めてください。

・授乳中の人(断乳すれば行えるかもしれません)
・心疾患、自己免疫疾患など持病を持っている人
・ニキビのひどい人
・他の美容整形などを受けている人
・薬を服用中の人
・お酒を飲んでいる人

これらの項目に当てはまる人は、カウンセリング時に詳しく医師に伝え、BNLS注射を受けることができるかどうかを確かめてください。危険が少ない注射とはいえ、他の病気との関係性で悪い影響を与える可能性もあります。

まとめ

bnls注射を肌の弱い人も行えるかどうか、他にも受けることができない人について見てきました。もしあなたに当てはまる部分があれば、医師とのカウンセリングの際に正確に情報を伝えて、体に悪影響が出ない決定をするようにおすすめします。

いくら小顔になりたいからと言って、病気などを隠して注射を受けないように注意しましょう。